猫魂 ~にゃんたま~

愛知県大府市より地域猫活動をしてます。また、たまにうちのにゃんずも登場します。

カレンダー

ちょこっとまま

ちょこまま

Author:ちょこまま
大府市で地域猫活動をしております
また5にゃんの母さんです。

カテゴリ

コメント

月別アーカイブ

アクセス

またきてね

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

里親募集中

いつでも里親募集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増えてしまってからではおそい野良猫問題

野良猫の苦情はだいたい
さかりの声がうるさい。庭や花壇にふんをされた。マーキングされた 車にきずをつけられた。
猫が生息していない場所なんてありえないのだからどこにでもある問題。。

猫の頭数がすくなければさして問題でもなかったのだが、猫がふえすぎると迷惑をうけた人は、野良ネコ排除、餌やり禁止といいだす。

エサやりも最初は2匹や1匹だったのに気が付いたら猫は限界まで増え、初めて事の重大さにきがつくのだろうがすでにてのほどこしようもなくなり、いわゆるお手上げ状態。

エサやりがいけない。そういった方向にもっていかれるがはたしてそうなの?
猫は餌やりがいなくなったら猫はその場所からいなくなるかもしれないが、また別の場所に移動する。ごみをあさる。時に人に家に侵入してまでえさをあさるのだ。
またえさがなくなり命の危険をかんじるとなぜかこどもを産み落とさねばという繁殖能力が高まるのだ。


エサやり禁止となった場合それでエサやりがなくなることはほとんどない。
エサやりは見つからないように隠れて行われるようになる。
時間がかからないよう姿がみられないようにこっそりと。その場合置き餌など大量においていく。
また野良ネコにえさをやらないで困っているという張り紙などされようものなら、野良ネコがここにいるんだという認識ができてしまって捨て猫されるおそれが高まり逆効果になってしまう


では皆よく口にする保健所だ!!袋に入れて捨ててくる!!
現在それはできない。保健所には所有者のいないネコを持ち込めないのだ。
また捨てるという行為は立派な犯罪である。

さてどうしたらよかったんだろうか?
そう答えは最初みつけた時に避妊去勢手術の大切さである。
すでにふやしてしまったなら、これ以上増えないように手術しかない。
その時点でもうこれ以上産ませないと腹をくくらねばまた生まれる。。
これを餌やりさん一人に押し付けても問題は解決しない
なぜなら餌やりを罰する法律はないからだ。

地域の社会問題であるとかんがえ、早期に対応することが望ましい。
地域ぐるみで野良ネコを管理していく地域猫活動を薦めています。

すでにさかりの時期。
猫は多産である。不幸な命をこれ以上増やさないで。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
 

スポンサーサイト

コメント

不幸な命をこれ以上増やさない、これが原点ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kijitorakun.blog88.fc2.com/tb.php/722-8ff3382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 猫魂 ~にゃんたま~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。