猫魂 ~にゃんたま~

愛知県大府市より地域猫活動をしてます。また、たまにうちのにゃんずも登場します。

カレンダー

ちょこっとまま

ちょこまま

Author:ちょこまま
大府市で地域猫活動をしております
また5にゃんの母さんです。

カテゴリ

コメント

月別アーカイブ

アクセス

またきてね

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

里親募集中

いつでも里親募集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を飼う資格のない人

また遺棄だここ数日だけで8匹 2匹 4匹と遺棄があった。
どうみても飼い猫が産んだ猫。
捨てられた子猫はからすに狙われていた子や、また縄張りがあるため、他の大人猫に襲われ咬まれて負傷していた子もいた。
300gにも満たない子猫が母猫と離れパニックになって狂ったように威嚇して保護した場所で不自然な姿で動かなくなった。
遺棄した奴はこんなに苦しむ子猫を想像できるのだろうか?
家に帰ってのうのうと自分の家の猫をかわいがるのだろうか?
避妊去勢せず生ませてそして遺棄する奴に猫を飼う資格はない!!

遺棄猫は避妊去勢を怠ったために生まれた命だ。

今から猫を飼うという人は今一度考えてほしい。
猫は長いと15年くらい生きる。その命に責任がもてるのか?
又避妊去勢をして繁殖制限を当たり前にできるのか。
猫がすき、飼いたいだけではだめである。覚悟が必要である
猫はいい時ばかりではない。病気もするし怪我もする。
年もとるし。下痢もする。お金もかかる。
どんなに環境が変わってもその命に責任が持てますか?

猫がすき、だから飼わない。そういった選択肢もある。
ボランティアで猫のお世話や餌やりのお手伝い。1時預かりという道もある




無力である。

日々失われていく命を目の当たりにしてごめんねと謝ることしかできない。

なんの為に生まれたのか。決して苦しんで死ぬために生まれてきたわけじゃない。


全てを助けることはできない。

やりきれない。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


20100510200659ee5.jpgどうぶつ基金の助成をうけて10匹のTNRを致しました



スポンサーサイト
Copyright (C) 猫魂 ~にゃんたま~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。